Ruban de Tiara幕張店より:デザイナー直伝!今こそ履きたい、お出かけ中も疲れ知らずのレザーシューズ!

こんにちは
Ruban de Tiara 幕張店 maezumiです。

待ちに待ったGW、皆様はどちらにお出かけされますか?
私は最近、自由が丘に緑あふれるステキなカフェを見つけました。
素敵な景色に疲れた足もリラックスできる空間。
景色も素敵でしたが、やはり私は花より団子状態でした!

 

 

 

 

 

 

 

出先では沢山歩いて、足も疲れやすくなりませんか?

そこで今回は、お出かけが多くなるGWにぴったりなシューズを、
アロマドミュゲ デザイナーmiseに聞いてみました♪

 

 

スタッフsuzukiも興味津々です!

 

一足目はこちら…!

◎モニク ¥16,900(価格は全て税抜となっております)

 

\ デザイナー一押しポイント! /
「グニャリと曲がるほどの柔らかさによる足裏へのフィット感!」

 

miseの手にご注目!

 

グニャリと曲がるほどの柔らかい仕様になっております。
なぜこんなに曲がるのか・・・
答えは靴底にありました!

靴底に鉄板を入れず、ステッチで革と靴底をつなぎ合わせている為
足の裏にフィットする履き心地が実現できました!

靴の中で足が動いてしまう・・・足がすぐに疲れてしまう・・・
そんなお悩みを解消してくれる1足です!

カラーは全部で3色。
奥:ブラック 中央:ブラウン 手前:カーキ

 

 

◎メグLT ¥14,900

 

\ デザイナー一押しポイント! /
「天然クレープ底による、他にはないふんわりとした履き心地♪」

 

ストラップが愛らしいデザインのメグLT。
デザインだけでなく靴底にも工夫が沢山施されております!

天然クレープを使用した靴底です。

 

【天然クレープだと何がよいの・・・?】
天然ゴムならではの優れた柔軟性とクッション性により足の裏側に
ふんわりとした感覚の履き心地を実現しております。
なんといっても、履いていて疲れにくいのです!!

maezumiはあまりの軽い履き心地に思わず
「この靴を履いて、空を飛べそう!」と言ってしまいました!

※取扱いと保管方法
夏場のアスファルトでは、
天然クレープ底の特性により粘着力がでてしまいます。
保管の際は、靴底同士をくっつけずに保管してください。

 

カラーは全部で4色
左からホワイト カーキ ブラック ブラウン

天然クレープ底ならではのふんわりとした履き心地を、
ぜひお店で体感しに来てくださいね♪
皆様の足に合うシューズをご提案させて頂きます!

--------------------------
【お知らせ】

Ruban de Tiara幕張店では代引きサービスを行っております!

「この在庫まだあるのかな?」「遠いからなかなかいけないな」という方 ぜひこのサービスをご利用くださいね**

気になる商品がありましたらお気軽にメールや電話でお問い合わせください♪

TEL:043-306-7799   mail:makuhari@tiara-inc.co.jp

--------------------------
Ruban de Tiara 幕張店 営業時間 10:00-22:00
〒261-0024 千葉県千葉市美浜区豊砂1-1
イオンモール幕張新都心 グランドモール1F 1135
TEL: 043-306-7799
イオンモール幕張新都心へのアクセスはこちらをご覧ください

【幕張店】レザーカードケースワークショップレポート

こんにちは、幕張店moriです。

先日はちょっと足をのばして那須まで。

こちらは、おすすめのパイ生地のピザ!
さくさく軽いのでいくらでも食べれそうでした。
林の中にある小さなお家のようなお店で
ぐりとぐらの気分を味わいながら、リラックスした一日でした♪

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

さて今回は2月25日に開催した
レザーカードケースWSの模様をご紹介いたします*

今回参加して下さったみなさまは、
ワークショップ初参加の方もいらっしゃり、
「革を縫う」ことに関してはほぼ全員が初挑戦!

少しどきどきしながらスタートしました。

今回は「縫い」がメインだったため、
革を仮止めし、縫い穴も空いている状態からはじまりますが、
そこまでの工程の説明も、みなさん真剣に聞いて下さります。

いよいよ、縫い始め!

布を縫うときとは異なる糸の通し方に早速びっくり!

2本の針を使って縫っていくので、編み物のような感覚です。

今回は一度でぐるっとまわりを縫ってしまうため
はじめは手順に戸惑ったり、長い糸が交差してしまったりで
少し苦戦されていたものの・・・

一辺縫い終わる頃には、講師いらずで
それぞれ皆様さくさくと縫い進めていました!笑

細かい作業なので、ちょっぴり休憩もしながら・・・・

完成!

今回は革のカラーも選べたため、
それぞれの個性がきらりと光る素敵な作品になりました!

ご参加頂いた6名様、ありがとうございました*
来月もワークショップの開催を予定しておりますので
お時間のある方はぜひいらして下さいね。

mori

--------------------------

Ruban de Tiara 幕張店 営業時間 10:00-22:00
〒261-0024 千葉県千葉市美浜区豊砂1-1
イオンモール幕張新都心 グランドモール1F 1135
TEL: 043-306-7799
イオンモール幕張新都心へのアクセスはこちらをご覧ください

 

 

 

第10話「雨乞い」ならぬ、「晴れ乞い」でサンプルを待つ。 ~ONLY ONE 商品 ティアラオリジナルレザー

こんにちは。

服飾雑貨企画の見瀬(みせ)です。

 

ボタニクイメージのカラーレザ―の次は

「草木染めレザ―の靴」が進行中です。

 

神戸の工場で色とデザインを決めました。

問題は染料として生産されていないクルミから

革に色づけをすること。

そして、それは作業行程に時間がかかること。

IMG_5050_2

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プリント

展示会まで、すでに3週間を切りました。

 

工場での打ち合わせで立てたスケジュールは、ギリギリです。

1日でも雨が降ればサンプルは間に合わない。

いちばん時間がかかる、革を干す時間が必要だから。

 

見瀬にできることは雨乞いの逆、

“晴れ乞い”しかありません。

 

神戸で商談を済ませて

帰りの新幹線に乗った途端に

異常な倦怠感がおそってきました。

この時、1月の中旬、

世間で大流行のあれにかかってしまいました。

インフルエンザです。

 

いや、私はいいのです。

靴屋と染色屋さんが冒されていなければ!

 

心配に及ばず

私以外の方々は無事でしたが

当然、私は一週間の出社停止。

展示会が近づいているのにー。

あれもこれも仕事がー。

 

うなされる耳元でスマホがなります。

靴屋さん!

 

原皮が遅れているとの連絡。

さっそくですか! 雨は降ってないのに?

 

「頑張ってください」

「頑張ってください」

私にはそれしか言えませんでした。

 

布団の中から言うのもおかしいですが。

(この時、絶対熱はさらに上ががりました)

 

今回は何度もサンプルを作り直す時間がありません。

 

予定では、こうです。

展示会の

3日前 神戸からサンプル出荷。

2日前 ティアラ着

1日前 会場ディスプレイ。

 

その大事な3日前のことです。

 

1週間のブランクもあり、てんてこ舞いの私に

靴屋さんから電話

「頑張ったんですが、サンプル出荷は1日前になります」

 

えっーー

あなたは引き算ができないのですか!

展示会の日から3を引いてください!

 

展示会が始まる日に到着なんて!

靴の棚が空っぽなんて、ありえません!

 

見瀬、完全にパニック状態です。

すると

隣の席から生産管理の斎藤が言いました。

「羽田だ。羽田」

「えっ?」

「発送当日に受け取れる」

 

えっー! なるほど!

そんな輸送システムがあったのね!

バンザイ! 日本!(もう訳がわかりません)

 

神戸から昼過ぎに出た荷物を

数時間後に羽田でキャッチですね。

 

また心臓がバクバクしてきました。

 

1日前の昼過ぎ

営業たちはディスプレイのため会場へ。

私は、サンプルを受け取るために羽田へ。

不思議です。

旅行でも、出張でもないのに、ただ羽田へ行って

靴を取り、会場に届ける。

しかも、さっき神戸を出たばかりの靴。

 

受け取り窓口で荷物を受け取り

モノレールの中で

そっと、靴箱を覘いてみました。

 

そりゃあ、見ますよね。

心配ですもの。

 

かわいいころんとしたハイカットの靴は優しいブラウン。

よかったーよかったー

思いどおりの色です。

 

と、スマホが鳴り

営業からのラインです

 

まだですかー?

靴の棚が空いていますよー

 

もうすぐ、到着します!

かわいい「フォレット」が神戸から届きましたよ。

 

次回は展示会場での様子をお届けしますね。

(まだ、心臓はバクバクですが)