RSS
 

晴れた日はリネンを洗おう

リネンのお洗濯


ティアラのお洋服は、リネン素材のものがたくさんあります。
夏にはさらっとした肌感で涼しく着られるリネン生地。
最近は重ね方次第で、オールシーズン着られるようになりました。
お気に入りは長く着続けたい・・・、
そんな皆様に、リネン服お洗濯方法の一例をご紹介致します。
※必ずお洋服の洗濯表示をまずご確認下さい。
洗濯表記によってはご紹介するお洗濯方法が使用できません。




タイトル1

洗面台に水を張ります。水温は30℃以下の水またはぬるま湯を使用。
お洒落着用の洗剤を表示に従った量使用してください。

市販の「蛍光剤」「漂白剤」入りの洗剤のご使用はお避けください。
どんどん白っぽく色褪せてしまい、リネンの亜麻色を損なってしまいます。

おすすめは、「中性洗剤」または「弱アルカリ性洗剤」

どうしても漂白したい場合は、「酸素系漂白剤」を。
色物など他のものと別けて、洗濯してください。

リネンのお洗濯

張ったお水の中に洗剤を入れてかき混ぜ、均一の濃度にします。




タイトル2

リネンのお洗濯

お洋服を洗面台の水の中に浸して、ゆっくり押し洗い。
ゴシゴシと洗うのはNG!布が傷んでしまいます。

リネンのお洗濯

押し洗いが完了したら、2回程すすぎを行います。
洗う時のように、洗剤を押し出すように押し洗いをしてください。
十分にすすぎをすることがポイントです。

お好みで柔軟剤の使用も。
お洗濯を繰り返すと、繊維自体も細くなり毛羽立ったり、変質してごわごわになります。
柔軟剤を使用する時は、入れ過ぎに注意。
(入れ過ぎると白くなったり、ぬめっとしてしまいます。)




タイトル3

リネンのお洗濯

すすぎが完了したら軽く脱水を。
雑巾みたいに強く絞るのはNGです。絞りジワがたくさんついてしまいます。
ぐっと押して、やさしく脱水しましょう。
水の付け過ぎは縮みの原因にも。短時間の脱水を心がけましょう。
リネンは速乾性が高いので、軽めの脱水でも乾かせます。
水の重さでシワを伸ばしてあげるのもおすすめ。




タイトル4

リネンのお洗濯

脱水が終わったら、浴室内かベランダで洗濯物を
パンパンと大きくはたいてシワを伸ばします。

リネンのお洗濯

ハンガーに掛けてお洋服の形を整えて、気になるシワを軽く伸ばしてあげましょう。

リネンのお洗濯

リネン生地は他の生地に比べると太陽に弱い性質を持っています。
色あせの原因にもなるので、風通しの良い日陰か、部屋干しを。
速乾性があるので、日陰で風に当てるだけで十分に乾かせます。




タイトル5

リネンのお洗濯

少しのシワ感もリネンの魅力。独特な風合いを楽しめます。
それでもまだ、乾いたお洋服のシワが気になる時は、
服を裏返して、霧吹きでしめらせてから「高温」〜「中温」で仕上げてください。
ナチュラルな雰囲気を楽しみたい方は、「中温」でやさしくかけてみてください。
当て布をすると布のテカリを防ぐことができますよ。

リネンのお洗濯

リネンウォーターで香り付けするのも愉しくて素敵です。
よくラベンダーの香りが使われます。




さて、リネン服のお洗濯講座はいかがでしたでしょうか?
いまや、リネン服を好む方もとても多くなりました。
使えば使う程、麻の風合いが出て、愛着も湧いてきます。
これからもお気に入りのリネンを大事に使い続けてくださいね。

ページトップへ