RSS
 

吉備の衣



【倭の色と、伝統的な染めが織りなす、リネンの風合い】


「吉備の國」

その昔、万葉集が作られた頃、岡山の町はそう呼ばれていました。
この地では藍染を始め、伝統的な技術が脈々と受け継がれてきました。

この地で生まれ、昔ながらの技法で仕上げられた
非常に味わいある染めで生地を作り出す職人さんとの出会いが

新しいMBブランドの魅力を引き出したのです。






一反ごとのに染められた生地は
必要以上に手を加えずに仕上げるため
リネン本来の持ち味が生きてきます。

今回ご紹介するティアラのオリジナルカラーは
何度も何度も失敗を重ねて作り上げた自信の色。

日本の持つ奥行きのある風合いを、ぜひお楽しみ下さい。




TAG index